イラスト

「紫陽花」のイラストがシャドーボックスに

※2018年2月20日に、はてなブログ「ノートが一冊埋まるまで」へ投稿した記事を修正、加筆し再投稿しました。

こんにちはtoMokaです。

昨年2017年10月に開催した個展「乙女のうちゅう」で展示販売していたイラスト「紫陽花」をシャドーボックスにしてくださいました!

感激です!感謝です!ありがとうございました!!

シャドーボックスにしてくださったのは

このブログでも度々記事内で紹介している、シャドーボックス・ドールハウス作家の 安藤さん ( @aki_andoh )です!

作っていただいたシャドーボックスをご紹介という名の自慢記事です!

本当に嬉しい!という喜びが伝わる記事になればいいなぁ。

 

シャドーボックスとは??

安藤さん ( @aki_andoh )さんの作品に出会う前はシャドーボックスとはどのようなものか理解をしていませんでした。。。

しかも、ちゃんと調べるまでカタカナでの表記は「シャドウ」だと思っていました。正確には「シャドー」なんですね。お恥ずかしい。
にわかですが作品を紹介する前にシャドーボックスの簡単な説明を載せておきますね!

シャドーボックスとは?

平面の絵を重ね、立体感のある絵に仕上げる技法のこと、同じ絵柄の紙を複数枚用意し切り貼りして立体感を出していく。シャドーアートとも呼ばれている。

説明簡単すぎ!!

もっと詳しく知りたい方はこちらへ↓

シャドーボックスとは?シャドーボックスワールド(外部リンク)

 

シャドーボックス「紫陽花」

元のイラストよりもガーリーで繊細で綺麗に仕上げていただけ感動で震えています。瞳や宝石にラメが入っていたり、手や胸部に緩やかに立体にしてあったりと細部までこだわりを感じます。

 

実物は見ていないのですが写真からでもわかる芸の細かさ。最高です。

まつ毛や後ろ毛、ペンダントまで丁寧に立体に仕上げてくださっています!!

紫陽花もボリュームをがあり本当に咲いているみたいです。

 

 

 

元イラスト「紫陽花」

改めて見るとシンプルに仕上げてるんだな(他人事)という感想です。

こちらの作品は個展「乙女のうちゅう」にて展示販売をし、2018年のカレンダー6月のイラストとして使用しています!

 

最後に

先日友人の作品を描いたよ!という記事を書きましたが、自分の作品をこうやって作って(描いて)もらえることは本当に嬉しいですね♪

嬉しかった勢いをそのままに記事にしました!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

toMoka-ともか-

ガールズイラストレーター。Lyrical Girls-リリカルガールズ-(叙情的な乙女)をテーマにアンニュイだけど凛とした乙女を描いています。「宇宙」「宝石」「コスメ」「レトロファッション」などのモチーフが好きで作品にも多く描いています。 横浜が好きすぎて住んじゃった人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です